gaji log

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト 2011.11.24 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
最近。。。 2011.05.24 Tuesday
 端材を使って遊んでます


ジュエリー作家のpocatelloさん


あーだ、こーだ言いながら


昨日「これいいかも!!」なんて


仕上げで使った薬品は見事に翌日「錆」発生。。。


失敗あるからまた考える。だから楽しい!!





| 制作記 | comments(0) | trackbacks(0) | 新井一州 |
フォトスタンド 2011.05.19 Thursday
 

フォトスタンド/w20cm、h15cm

東京都にお住まいのMさんに発送です
マグネットで止めるため、思い出の写真などに穴を開けることなく飾れます

今回は「星型がイイっ!」とのリクエストでした。



こんな感じ?で。。。


背面




ポストカードなどはそのまま飾れます

イベントに出展される方など、ショップの告知や小さな看板などにいかがでしょうか?

では
| 制作記 | comments(0) | trackbacks(0) | 新井一州 |
告知 2010.07.23 Friday
 前回も登場した

仲間が営むBar

「Dear...」

オリジナル芋焼酎(ラベル)作りました。

千代田町で羽を羽ばたかせている方。

是非どうぞ。


「D(でー)ちょうだい」でOKです









あまりにも周りで反響の声聞くので。

涼しさ求め入った本屋でつい。


俺もそう願います
| 制作記 | comments(0) | trackbacks(0) | 新井一州 |
G 2010.07.04 Sunday
制作記として扱っていいものなのか?

多少疑問ですが・・・。

いってみましょう!!
(はたして過去のネタでどこまでいけるか・・・)


これも仲間のバースデーにプレゼントしたものです。

「ガンダム Gold&Black」


夜の男にはやはりテッパンカラーでしょう。

何故結えこんな引きの画像なのか?そして暗いのか?
仇を隠すためなんかじゃありませんよ。

見て下さい「佐藤」とのコラボ♪バッチリです。

持ち主は「Dear...」のマスター。33歳。
きっとお店に飾ってあるので、発見できた際は一言つっこんで下さいな。
(あっ、くれぐれも手に取って見ないで下さいね。)

このお店。もっとイロイロやってるんですけど。
まぁおいおいっつーことで。

ガンダムDVD BOX

ほっっしぃなぁ〜〜



| 制作記 | comments(0) | trackbacks(0) | 新井一州 |
おめ!! 2010.06.29 Tuesday
 昨晩は友人2名の誕生日祝い。

すっごく大変だった時にお世話になったから。助けて支えてくれた二人。
どうしても作り込んだもの渡したくて。

大好きなIRONで制作。

頭の中で悶々としてるの引っ張りだして、好み、イメージ等足し算&引き算。

残念な事に、、、1つは断念。環境、技量不足痛感でした。。。
中途半端な間に合せは、渡せないので。

出来たモノはこちら↓

■灰皿にでもどうですか?棺桶風/20cm×9cm/クリア塗装仕上げ


■ふた開けるとこんな感じ。


■十字架/シルバー仕様
サイズ、仕上がりの感じ等伝えてオーダー。
今回これを完璧に仕上げて下さったのはpocatelloさん。
ありがとうございました。また是非よろしくお願いします。

「古城に暮らし、棺桶のベットで、バラの布団」
そんな夢を語った女子にプレゼント。
「ど!ストライク!!」
とってもうれしいお言葉、頂けました。

今回は出来なかったもう1つ。
近いうちいつか。必ずや。
だから「I.W.HARPER もっちゃんラベル仕様」飲んで待っててね。

自分が作ったもの渡して、喜んでくれるヒトがいる。
とてもうれしく、気持ちの中が潤いました。

今回IRON制作で場所とノウハウを提供してくれたのは

■株式会社ユニテクさん。仲間が営んでいます。マッシュ、ケンありがと。
忙しい所、ごめんなさい。懲りずにまたよろしくです。


まだまだ制作物1つ作るのも誰かにおんぶ。

自分の中で、場所、道具が重要課題。このストレスが結構ツライ。
(えっ、技術?まぁそこは気持ちで行けるでしょ!でも基本は学びたい・・・)

がーんばろ。
| 制作記 | comments(2) | trackbacks(0) | 新井一州 |
処女作 2010.06.22 Tuesday
 今、一番熱があるものを紹介します。

「鍛鉄」ロートアイアンです。

炎の中に鉄を入れ、真っ赤に焼けた状態。ハンマーで叩く。叩く。そして叩く。
時に曲げそしてねじる。

あの固い鉄骨が、粘土のように自由自在に形を変え、作り手の思いが吹き込まれていきます。

先日、そんな貴重な体験をタカシカワタ鉄工芸工房さんにて。

こちらの河田さん。作り手としての考え方、感性、技術、そしてなにより作品への情熱。
とても素晴らしく、カックイイ作家さんです。

初体験の自分に、忙しいさなか2回に渡り手取り足取り。

ホント、充実した時間でした。

もっっっと、もっっっっっっっとたくさんの事吸収し、感じ、自分の納得いくモノ、
誰かが笑顔になれるもの、作っていきたい。

自分の中では、鍛鉄職人への大きな第一歩でした。

DSCN0309.jpg
DSCN0291.jpg
DSCN0289.jpg





| 制作記 | comments(0) | trackbacks(0) | 新井一州 |
| 1/1 |